はなのき

先輩インタビューInterview

先輩インタビュー
理学療法士/機能訓練指導員  城木 昌宏

日本医療福祉専門学校を卒業し、病院に勤務。
病院では、入院・外来患者のリハビリに従事し、はなのき入社前には病院付属のデイケアで勤務するなど、経験豊富で頼もしい存在。
仕事が終われば、愛猫(アメリカンショートヘアーとブリティッシュショートヘアー)に癒されるのが日課。

01.リハビリ専門デイサービスに決めた理由

最初は病院に勤務していました。入院患者さんか外来患者さんとかを中心にリハビリしていたけど、その病院が短時間のデイケアを立ち上げたんですね。そこでリハビリをやってました。その中で、やっぱり自分は介護保険下でのリハビリっていうのが向いてるのかな~と思いはじめて。それで、転職しようっていう風に思いましたね。
重視したのは、短時間型であること。短時間型で、リハビリ特化型とかリハビリに力を入れてるっていうところを探しました。入浴・食事がなくて、運動を目的で来られる方がいらっしゃる。自分はそういったところで働きたいなと思ったので。

02.はなのきを選んだ理由

「自立したシニアを増やし、家族といっしょに笑顔になる 社会づくり」という理念があって。これってすごく大事だと思うんです。理念がしっかりしていて、それにむかってこういうデイサービスを立ち上げたっていうことだったので、だったら自分の思ったように働けるのかなっていうのがあった。あと、はなのきに面接に行ったときに、すごく雰囲気がよかったんですね。「誰?」っていう顔を誰もしないで、「こんにちは~」って第1声が笑顔でそれだったんです。迎え入れてくれるというか。そういうのってすごく大事だなって。それも自分が「ここ良いな」って思った大きな理由のひとつですね。

03.施設長として働くこと

別店舗の先輩が自分のメンターで、何かあればずっと先輩に相談しているんですけど、やっぱりすごく助かるんです。困ったときに電話して、これってどうしたらいいですか?っていうと色々教えてもらえる。そういう先輩施設長との関係があると、新しく働く方にもいいのかなと思いますね。例えば、オーナー制になっていると店長同士が連絡を取るってことがまずないですよね。その店舗はその人の責任でやって、となるので。するとなかなかそういった関係はないのかな、と。はなのきは全部直営なので、施設長同士のつながりも月1回の施設長会議で必ずありますし。そういう意味でも働きやすいのかな。

04.利用者さまとのエピソード

これは他のスタッフから聞いた話ですけど、僕が送迎でちょっといなかったりすると、利用者さんから「今日、いないの?」みたいな声があったりとか、今送迎に出てるよっていうと「あ、そうなんだ」って会話があるらしいです。本当に距離感が近いんですよね。顔馴染みじゃないんですけど、パートさんとか「今日、〇〇さんいないの?」って利用者さんから聞かれたりして、今日休みなんだ、っていう話が出たりする。うちのスタッフがそれだけ利用者さんによりそって仕事をしてくれているということなのかな~と思うと、すごくうれしい。やってて良かったなって思います。

05.どんな店舗を目指していますか

最近、店舗にスタッフのプロフィール写真貼ったんですけど、それをまじまじとみる利用者さんがいるんです。興味持ってくれるんだ、と思いますね。ゆくゆくは地域に根付いていって、はなのきっていえば「あぁ、はなのきさんね」ていってもらえるような店舗になっていきたいですね。